NOTE

高齢者のトレーナビリティ④

608-img_5126第五章:筋トレと健康
5-2、加齢による筋力低下と対応策
B、高齢者のトレーナビリティ
 
下記のご本の中に、
「ベッドレス中の等尺性収縮(電気刺激)による筋力低下防止作用」
 
というグラフの資料があります。
 
これは、通常の生活とベッドに寝た切りの状態で30日間ほど生活した状態を比べたものです。
 
片方の膝の伸筋(大腿四頭筋)だけ電気刺激をして力を出した時のデータです。
 
縦軸にトルク(Nm)、横軸に速度を取ってあります。
 
電気刺激を与えたほうが、筋力の低下が小さくなっています。
 
何もしないで力を出さないと、驚くほどに筋肉が大きく落ちているのが解ります。
 
 
私のDVD(今年2016年8月25日発売:リアルスタイル)では、
筋トレのフォームについて紹介しています。
 
ご案内はコチラです。
 
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
ご覧いただければ幸いです。
 
<解説書・参考書>
 
『レジスタンス・トレーニング』
(ブックハウスHD)1999年11月30日発行
東京大学大学院教授 石井直方著
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□