NOTE

腕の運動の意味

122.2013.10.10.高西腕も肩と同じように、その筋肉が直接的に、筋肉増強に関わる筋肉ではありません。
 
腕の筋肉をどんなに大きくしても、
ボディビル競技以外では逆にその位置において、
 
特に前腕を大きくし過ぎると、
物理的に慣性モーメント(その物体の回しにくさ)が大きくなります。
 
従って、スポーツ選手の場合には、不利になることもありますので、気をつける必要があります。
 
このことは日を改めて、力(物理)学的視点で具体的な説明をしたいと思います。
 
力の源は足腰です。
 
そして体幹にある胸や背中の筋肉と合わせて、足腰は筋肉づくりの効果を引き出す源でもあります。
 
しかし、モノを引き上げたり、持ち上げたりするのは腕です。
 
筋トレではダンベルやバーベルを動かす『腕の役割』は非常に大切になります。
 
腕の筋肉が弱過ぎれば、太ももや大胸筋、広背筋といった大筋群を充分に鍛えることができません。
 
腕の筋肉はやはり、筋肥大・筋力増強にはなくてはならない筋肉と言えます。
 
<参考文献>
『筋肉のしくみ・はたらき事典』西東社(左明・山口典孝 共書)監修 石井直方
『トレーニング・メソッド』(ベースボール・マガジン社) 石井直方著
『使える筋肉、使えない筋肉』(ベースボール・マガジン社) 谷本道哉著
『トレーニングのホントをしりたい!』(ベースボール・マガジン社) 谷本道哉著
『筋肉のしくみ・はたらき事典』(西東社)左明・山口典孝著 石井直方監修
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□