NOTE

肩関節周辺の筋肉の作用①

OLYMPUS DIGITAL CAMERA第四章:筋トレの実際
4-3、身体各部位のトレーニング
A、肩関節周辺の筋肉の作用
 
肩関節は、胸や背中のトレーニングでは必ず使われる部分です。
 
その周りにある筋肉のことを知ることで、より安全に効果的に行うことができます。
 
肩関節は股関節と同じように球関節(ボールジョイント)になっています。
 
肩をグルグル回すことができるのはそのためで、上腕骨の先が球のようになっています。
 
これはいろいろな動きができて、その自由度が高いということです。
 
このことは間違った使い方をすると肩を痛めやすいということにもつながります。
 
石井先生はご本の中で、
 
「肩関節を取り巻く筋肉の付き方は大変複雑なため、
肩関節の運動時における筋肉の作用も複雑なものになります」
 
ということを述べられています。
 
ここでの課題は、
①肩関節周りの筋肉の付き方はどうなっているか?
②肩関節周りの運動で、どの筋肉がどのように動くのか?
③肩関節周りの正しい運動はどのように行うのか?
 
これらのことをしっかりと理解することが必要になります。
 
私の経験では、このようなことを理解しておらず、ケガや故障を繰り返していた時期がありました。
 
幸い、現在でも何とかトレーニングできるのは、
 
これらを理解するための解剖学や物理学(力学)の基礎的な知識を身に着けることができたことによります。
 
どんなに効果を上げたいと望んでも、その前にケガや故障を起こしてはどうにもなりません。
 
「安全第一・効果第二」というのが私の考えです。
 
最重要課題としての『効果』を上げるためには、最優先事項としての『安全』があります。
 
そのためにも肩関節周りの筋肉のことを知ることが大切になります。
 
<解説書・参考書>
 
『レジスタンス・トレーニング』
(ブックハウスHD)
東京大学大学院教授 石井直方著
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□