NOTE

股関節周辺筋群のトレーニング④

390、レッグカール第四章:筋トレの実際
4-3、身体各部位のトレーニング
G、股関節周辺筋群のトレーニング
 
レッグカールやレッグエクステンションのマシンがあります。
 
これらのマシンを使って行う脚の運動は膝関節を使った運動なのですが、
 
ハムストリングスやレッグエクステンションを別々に鍛えますので、
スクワットの代わりにはならないということになります。
 
レッグカールはハムストリングスを使った運動で、
レッグエクステンションは大腿四頭筋を使った、それぞれ別々の単関節の運動です。
 
生活の中では歩いたり走ったりするときには、
 
2関節筋である大腿四頭筋とハムストリングスは
お互いに股関節や膝関節を協調的に同時に使っています。
 
これは正しくスクワットでの太もも(大腿四頭筋+ハムストリングス)の使い方と同じです。
 
このようなマシンでのトレーニングは、
まずはスクワットを行い、その後に行うようにします。
 
結果として、スクワットの記録が上手く伸びていれば問題ありません。
 
それらはスクワットを伸ばす手段として行った方が良さそうです。
 
上手く用いることでスクワットの記録を伸ばすことができるように思います。
 
<解説書・参考書>
 
『レジスタンス・トレーニング』
(ブックハウスHD)1999年11月30日発行
東京大学大学院教授 石井直方著
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□