NOTE

股関節周辺筋群のトレーニング②

334.⑫2013.10.2高西第四章:筋トレの実際
4-3、身体各部位のトレーニング
G、股関節周辺筋群のトレーニング
 
股関節周りの筋群を鍛える種目の代表がスクワットになります。
 
スクワットにもいろいろなやり方があります。
 
骨盤(腰)を前に出して行うシーシースクワットというのは、膝関節だけで行うスクワットです。
 
これでは股関節周りの筋肉である大臀筋やハムストリングスを使うことができません。
 
スクワットの長所を生かす正しい方法は、膝と股関節を同時に使います。
 
しゃがんでから立ち上がる時に、膝を伸ばす(伸展)と同時に、股関節も伸ばす必要があります。
 
膝の伸展には、太もも前の大腿四頭筋が使われます。
 
股関節の伸展には、太ももの後ろ側にある大臀筋とハムストリングスが使われることになります。
 
このように、
スクワットでの立ち上がりには、大腿四頭筋、大臀筋、ハムストリングスの全部が力発揮に参加して、同時に使われることになります。
 
このような動きができるのは、
大腿四頭筋やハムストリングスが2関節筋であることに関係しています。
 
<解説書・参考書>
 
『レジスタンス・トレーニング』
(ブックハウスHD)1999年11月30日発行
東京大学大学院教授 石井直方著
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□