NOTE

糖尿病①

640-mg_4241第五章:筋トレと健康
5-4、筋トレと成人病
B、糖尿病
 
ブドウ糖を多量に(体重1㎏当たり約0.5~1g)摂取して、
その後時間を追って血糖値を調べた実験があります。
 
糖尿病の人では、ブドウ糖を取ったあと血糖値上がったままで下がりません。
 
逆に、正常な人では血糖値が一度は上昇し、そのあと正常な値まで落ちていきます。
 
下記のご本の中に、
「糖摂取後の血糖値とインシュリン値の変化」
 
という2つのグラフが掲載されています。
 
1、縦軸にインスリン濃度、横軸にブドウ糖摂取後の時間、
2、縦軸に血糖値、横軸にブドウ糖摂取後の時間、
 
これらは健常者にあらかじめ絶食させた状態から、
その後、ブドウ糖を摂取した後に血糖値とインスリンの値の変化を調べたものです。
 
筋トレを行ったグループとそうでないグループを比較すると、
 
筋トレを行ったグループは一度インスリンの血中濃度が上がったあと、
行わなかったグループよりも速く下がっているのが解ります。
 
また筋トレを行ったグループは血糖値の上りが、
筋トレを行わなかったグループより少なく、また速く下がっていることが解ります。
 
これは筋肉やその他の組織での、糖の取り込みが速くなることによるそうです。
 
 
私のDVD(今年2016年8月25日発売:リアルスタイル)では、
筋トレのフォームについて紹介しています。
 
ご案内はコチラです。
 
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
ご覧いただければ幸いです。
 
<解説書・参考書>
 
『レジスタンス・トレーニング』
(ブックハウスHD)1999年11月30日発行
東京大学大学院教授 石井直方著
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□