NOTE

筋トレ継続の影響

OLYMPUS DIGITAL CAMERA一昨日、宮崎で行われているフェニックス・リーグにおいて、
福岡ソフトバンクホークスのピッチャーが完封勝利をあげられました。
 
素晴らしいピッチングだったと思います。
 
そのピッチャーは、入団当時はこのようなことが短期間にできるようになるとは思っていなかったように思われます。
 
なぜ、素晴らしい結果を残すことができたのか?
 
その理由としては、ホークスという環境の中で、監督や素晴らしいピッチングコーチやコンディショニングコーチ、その他の野球の指導者に恵まれたことで、技術力が向上したのは間違いありません。
 
それと並行して、筋トレに真摯に取り組み、入団してから今まで粛々と努力を続けてこられたことも事実です。
 
全くと言っていいほど、ブレルことなく筋トレに励んでおられました。
 
全ての種目を正確なフォームで、しかもフルレンジモーション(最も大きな動き)で行っています。
 
特に素晴らしいのは、フルスクワットです。
 
まるで、一流のウエイトリフターのような感じです。
 
これにより、強靭な脚力と体幹を身に付けたことは事実です。
 
野球の現場を観察していると、筋トレの効果を上げることができても、それが野球の結果に即つながる選手もいれば、数年を要する選手もいます。
 
それは、野球の技術力との兼ね合いの中で、違いが出てくるような気がします。
 
しかし、確実に言えることは、筋トレが野球の結果に貢献できる選手は間違いなく、筋トレを続けている人です。
 
「継続は力なり」と言いますが、筋トレの場合には特に感じます。
 
筋トレは、続けて、積み上げることで初めて、野球の技術力をバックアップし、勝利に貢献できると確信します。
 
上記の選手は、
筋トレで強靭な脚力と体幹を身に付けることで体力が付き、
 
有意義な野球の技術練習を行うことで、
体を上手く操り野球で使えるようになって、
 
スピード、
コントロール、
ボールのキレ
 
に影響を与えているかもしれません。
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□