NOTE

筋トレの本質的な理解

13.高西レジスタンス・トレーニング(筋トレ)の目標設定が適正ではなく、上手く効果を出すことができない原因は、

「トレーニングの基本に対する理解の欠如にある」

このことは、『レジスタンス・トレーニング』(ブックハウスHD)石井直方著の“はじめに”の中で言われていることです。

今では、トレーニングに関する情報は、巷に溢れるほどになっています。

書店に行けばスポーツコーナーはもちろん、健康や実用書のコーナーにも数えきれない書籍が並んでいます。

これらは、
「トレーニングの本質的な理解なしには、雑多な情報にすぎません。

これらの中から有用なもののみを拾い上げることこそが重要なのです」

ということを石井先生は述べられています。

そのために必要な知識を提供するご本として、石井先生の『レジスタンス・トレーニング』は執筆されています。

このご本は、私にとって教科書の原点となる書籍です。

いわゆる、筋トレを実践し、指導するための“ものさし”となるものです。

石井先生ご自身が世界トップクラスのボディビルダーであり、極限の筋トレ実践者ということで、

以前私は、トレーニングセンターサンプレイで石井先生のトレーニングパートナーを務めさせていただいた経緯もあり、

私にはトレーニング科学を学ぶ上でかけがえのないご本ということになります。

お陰様で、私自身のトレーニングを行なう時や筋トレの指導を行う時には、いろんな情報に振り回されることなく、今までやってこれたように思います。

現状では、有名選手の成功例の後追いをしたり、日々の情報に流されたり、一部の情報をのみを信じ込んでしまっている人も見受けられます。

そのような方々にも、筋トレの本質を理解するために、一度立ち止まってこのご本に目を通していただきたいと思います。

残念なことに、このご本は書店ではもう販売されていないようです。

私のつたない知識ではその内容を上手く伝えることは難しいことですが、

「筋トレの楽しさを伝える」という私の考えを交えながら、できる範囲で投稿してみたいと思います。
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□