NOTE

筋トレの効果を上げるために行うこと

269.603IMG_4252様々な情報の中から、自分の目的に合ったものを集めて、オリジナリティーの高いトレーニングを行なうためには何をすれば良いか?
 
大変重要な課題です。
 
その基本的な答えは、トレーニング科学の勉強をすることになります。
 
特に必要なことは、基本的な生理学的、機能解剖学的、運動物理学的な考え方です。
 
『レジスタンス・トレーニング』(ブックハウスHD)石井直方著という書籍は、その基礎的知識を身に付けるために書かれたものです。
 
石井先生は、そのことを料理に例えて、
 
「『煮る』『焼く』『蒸す』『炒める』などといった調理法の原則と基本を理解しておけば、
 
様々な食材や調味料を使って自分自身の料理を確立し、
 
また楽しめるということでしょうか」
 
と言われています。
 
筋トレ(レジスタンス・トレーニング)の実践者や指導者は、トレーニング科学を根拠とした、基礎的知識を身に付け、ケガや故障を予防して、最高の効果を上げていただいたいと思います。
 
種目選びや各種目のフォーム作り、プログラミング、処方(頻度・強度・量)の決定などは、確かに難しさを伴います。
 
しかし、自分自身に合ったトレーニング法を身に付けようと努力し続けて、楽しめることも事実です。
 
トレーニング科学の基礎を勉強する過程には、興味をそそり、楽しさを引き出すことが多々あります。
 
それらがきっかけとなって、筋トレの楽しさに気づき、心から楽しめるようになってくるように思います。
 
そのうちに、筋トレが大好きになってくると、命がけになり、最高の楽しさに出会えます。
 
『レジスタンス・トレーニング』という書籍に中には、丁度ダイアモンドの原石のように、「筋トレの楽しさ」を引き出すきっかけ(ネタ)がいっぱい散りばめられています。
 
そのことに気づく度に、大きな喜びがあります。
 
そのうち、無意識に楽しみ、楽しめるようになると、
無上の喜びを感じ、
 
本当に幸せを感じるように思います。
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□