NOTE

筋トレと健康

578-img_2333第五章:筋トレと健康
 
いよいよ石井先生の下記のご本の最終章となりました。
 
このご本が発行されたのが1999年11月30日となっています。
 
またこのご本の中では、
「成人病」という言葉が使われていて、時代の流れを感じます。
 
それが時代の流れの中で、
「生活習慣病」という言葉に代わって使われるようになりました。
 
そして、
①メタボリック・シンドローム(メタボ:内臓脂肪症候群)、
②ロコモティブ・シンドローム(ロコモ:運動器症候群)、
 
最近では、
③サルコペニア(加齢性筋減弱症)という言葉を耳にするようになってきました。
 
これは老化に伴って筋肉量が減っていくことを言います。
 
そして、サルコペニアで尚且つ肥満になってしまう、
サルコペニア肥満が最も寝たきりにつながるリスクを抱えているようです。
 
これらの健康を脅かすような病状や症状の予防と改善の切り札が何かといえば、
 
その答えは、ズバリ「レジスタンス(筋力)・トレーニング(筋トレ)」です。
 
2000年から2016年の現在までの間に、
筋肉と筋トレの研究が随分と進んできました。
 
私自身その多大な恩恵を受け続けています。
 
私のDVD(今年2016年8月25日発売:リアルスタイル)では基本種目のフォームを紹介しています。
 
ご案内はコチラです。
 
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
ご覧いただければ幸いです。
 
<解説書・参考書>
 
『レジスタンス・トレーニング』
(ブックハウスHD)1999年11月30日発行
東京大学大学院教授 石井直方著
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□