NOTE

筋トレとスポーツパフォーマンス

269.603IMG_4252第二章:筋トレの機能解剖学
2-3、筋トレとスポーツパフォーマンス
 
今日から第二章の『筋トレの機能解剖学』の
「筋トレとスポーツパフォーマンス」というテーマに入っていきます。
 
以下のような2つの内容について解説してします。
 
A,筋肥大と各種スポーツ
B,バリスティックな筋力発揮の重要性
 
私は現在、健康づくりだけでなく、アスリートのための筋トレも指導しています。
 
これらの2つのテーマは、
アスリートにとってより効果的な筋トレを行うために重要な知識ではないかと思います。
 
①なぜスポーツに筋トレが必要なのか?
②どのような方法で筋トレをスポーツの動きにつなげるのか?
 
これらの重要な課題に答えることで、よりしっかりとした意識を持って筋トレを行うことができるように思います。
 
事実私も、これらの知識を活用することで多大な恩恵を受けることができ、現在に至っています。
 
明日から具体的な説明をしていきます。
 
驚くような興味深くておもしろいことがあります。
 
<解説書・参考書>
『レジスタンス・トレーニング』
(ブックハウスHD)
東京大学大学院教授 石井直方著
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□