NOTE

気づきを促す筋トレ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA私は現在、宮崎に居て福岡ソフトバンクホークスの筋トレを指導させていただいています。
 
こちらではフェニックス・リーグが開催中で、ホークスの試合に同行し観戦しています。
 
筋トレが実際の試合結果につながっている選手は、ブレルことなく筋トレに集中して行うことができると思います。
 
益々夢中になって行い、更なる結果を出している選手もいらっしゃいます。
 
しかしながら、筋トレが結果に結びつかない場合は、状況が変わってくるケースがあります。
 
試合結果に左右されることで、筋トレに集中できなくなる場合もあります。
 
私の過去の経験で、筋トレそのものを止めてしまった人もいます。
 
このような場合は、辛抱強く続けているうちに、パッと目の前が明るくなるように開眼することがあります。
 
それがいつ来るのか?
 
解らないところに大きな課題を抱えています。
 
ただ成功して活躍している選手を参考にすると、筋トレを継続しながら、試合では崖っぷちに追い込まれ、そこから結果につなげられたケースが多いように思います。
 
崖っぷちで、開き直ることができるかどうか?
 
追い込まれてみなければ解りません。
 
いつでも、追い込むような筋トレを行っている人は、そのチャンスが多く与えられているように思います。
 
すなわち、野球で結果を出すために、使える体(筋肉)を手に入れるきっかけが多くなるということです。
 
引き換えに、そのような筋トレはハイリスクとなりますので、安全管理は徹底することが絶対条件です。
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□