NOTE

新年のごあいさつ

34.高西マスキュラー新年、あけましておめでとうございます。
 
旧年中は、大変お世話になり、ありがとうございました。
 
2016(平成28)年がスタートしました。
 
ワクワクした気持ちで新年を迎えています。
 
時は止まることなく流れて行き、今年また歳を重ねることになります。
 
 
昨年、ふとしたことから長崎市外海にある『遠藤周作文学館』へ家族で行ってきました。
 
私の自宅から車で40分ほどの所にあり、豊かな自然の海を見下ろす丘の上に建てられています。
 
作家である狐狸庵(こりあん)先生こと、遠藤周作先生は長崎のこの地を「心のふるさと・第二の故郷」と称されたようです。
 
そこに『沈黙の碑』というのが建立されています。
 
「人間がこんなに哀しいのに、主よ、海があまりに碧いのです」
 
これはその文学碑の言葉です。
 
この言葉に出会って心が震える思いに駆られました。
 
そして、昨年の暮れに書店で、遠藤先生の箴言集を見つけました。
 
『人生ひとつだって無駄にしちゃいけない』
 
これはそのご本のタイトルです。
 
その中に、
「苦しいことは、楽しみながらやったほうがよい」
 
という言葉がありました。
 
筋トレの健康づくりの効果は、飽きてしまうような、退屈するような日々の努力の中にあります。
 
筋トレのスポーツ選手の効果は、苦しさの中で必死に努力を重ねる中にあります。
 
筋トレにはそのような努力を包み込んでしまう
 
比べものにならない楽しさや希望に満ちた楽しみがあります。
 
 
しかしながら、
筋トレには楽(らく)に手に入る効果はどこを探してもありません。
 
 
「筋トレは苦しいのに、主よ、心があまりに楽しいのです」
 
筋トレの本質はこういうことではないかと思います。
 
 
2016年が、筋トレで楽しい年になりますように!
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
□—————————-□