NOTE

成功するための資質

19.2013.10.9.7高西東京大学の石井直方教授は、学生時代に高重量を扱いながらも、驚くほどの筋量アップを成し遂げでいます。
 
①科学に基づいた最高の知識
②高度の運動能力による究極のトレーニング技術の修得
③スポーツ栄養学の最高の知識
④極限の集中力
⑤成功するための資質
 
今回は、以上の私が考えた理由の中の⑤を解説したいと思います。
 
多分1985年、栃木県宇都宮市で開催された日本クラス別選手権優勝時でのインタビューで、
 
「筋トレを行い、大きな強い体になって良かったことはありますか?」このような質問に、
 
「人に対して寛容になれたことです」というようにお答えになっておられたと思います。
 
これは、石井先生の生き方の「実るほど頭を垂れる稲穂かな」というのにつながっています。
 
著名な経営コンサルタントで、多数の書籍を残している船井幸雄さんは、日本での成功した経営者に共通している資質として、
1.素直、
2.明るい(前向き)、
3.勉強好き、
 
という3つを挙げています。
 
パナソニック(元松下電器)の創業者である松下幸之助さんは、『素直な心』を挙げています。
 
ピーター・ファーディナンド・ドラッガー(経営学者:マネジメントの生みの親)という人は、『真摯さ』を挙げています。
 
京セラの創始者で、日本の名経営者と言われる稲盛和夫さんの経営フィロソフィ(哲学)は、「動機善なりや、私心なかりしか」ということだそうです。具体的には、正義、利他の心、嘘をつくな、人をだますな、ということです。
 
 
石井先生は、ボディビルダーとしても凄い活躍をされていますが、研究者・科学者としてのご活躍も素晴らしいと思います。
 
石井先生の生き方は、これらの全てにつながっているように思えます。
 
写真:
石井先生とサンプレイにて
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/
http://www.takanishi-fumitoshi.com☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh☆更新☆
□—————————-□