NOTE

成人病(生活習慣病)と運動⑧

591-%e5%b0%8f%e5%ad%a6%e7%94%9f%e3%81%ae%e6%8c%87%e5%b0%8e第五章:筋トレと健康
5-1、健康の維持・増進手段としての運動
B、成人病(生活習慣病)と運動
 
下記の書籍の中に、
「トレーニングと心筋梗塞」
 
に関するグラブがあります。
 
縦軸に心筋梗塞(対人口10万人/1年)、
横軸に身体活動による週当たりの熱量消費(カロリー)が取ってあります。
 
それによると、運動をせずにエネルギー消費が非常に低い人は心筋梗塞を起こす場合が多くなっています。
 
逆に、運動で消費するカロリーが高い人は、心筋梗塞を起こす人の割合が少なくなっています。
 
ここでいう運動は有酸素(エアロビック)運動です。
 
ランニング、ジョギング、ウォーキングなどの
酸素を取り込んで行う運動での熱量消費を行った結果ということになります。
 
 
私のDVD(今年2016年8月25日発売:リアルスタイル)では、
筋トレのフォームについて紹介しています。
 
ご案内はコチラです。
 
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
ご覧いただければ幸いです。
 
<解説書・参考書>
 
『レジスタンス・トレーニング』
(ブックハウスHD)1999年11月30日発行
東京大学大学院教授 石井直方著
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□