NOTE

強度と一般的効果②

OLYMPUS DIGITAL CAMERA第三章:筋トレの処方
3-1、トレーニング処方の原則
C、強度と一般的効果
 
石井先生の下記のご本に紹介されている、
 
「負荷重量と最高反復回数及びその効果」
(松尾昌文、1972より改変)
 
という資料をみると、使用重量(負荷)と効果について解ることがあります。
 
多くの実験によって、
「1RM(最大筋力=100%)の60%以下の軽い重量では、筋力は伸びずに筋持久力が伸びる」
 
という明確な結果が出ているそうです。
 
逆に、重量がこれ以上重たくなれば、
 
筋力がアップして、筋肉量も増えてきます。
 
このような負荷(使用重量)と効果の関係は、
まだ完全には解明されていないそうです。
 
それでも、生理学の視点では説明ができることがあります。
 
明日は、それを書いてみたいと思います。
 
トレーニング科学を理解する興味深さ、おもしろさがあります。
 
<解説書・参考書>
『レジスタンス・トレーニング』
(ブックハウスHD)
東京大学大学院教授 石井直方著
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□