NOTE

大腰筋について

458.サイドバック2000年に入って、『大腰筋』という筋肉が注目を浴びるようになってきました。
 
大腰筋は、腹筋と背筋の間にあり、背骨から太ももの骨(大腿骨)につながっている筋肉です。この筋肉は、上半身と下半身をつなぐ唯一の筋肉です。大腰筋と腸骨筋を合わせて、腸腰筋と呼びます。
 
大腰筋には、以下のように3つの役割があります。
①背骨を支えて、骨盤を正しい位置に保つ
②骨盤まわりの筋肉を引き上げ、内臓を支える
③太ももを引き上げる
 
このような機能解剖学的なことが解ると、大腰筋が私たちの体型(姿勢)と大きく関わっていることに気づきます。
 
大腰筋がしっかりと機能していると、
骨盤はやや前傾きみになって立っています。背骨は自然で美しいS字カーブを描いています。ということは、下腹部が引き上げられてお腹がすっきりとしています。
 
逆に、大腰筋が衰えて緩んでいると、
骨盤は寝てしまい(後傾)、そこに内剛が下垂して、下腹部がポッコリと出やすくなります。その上、背骨の正常なS字カーブが崩れて、猫背になります。その他に、基礎代謝の低下や冷え性、痩せにくい体質になってしまいます。
 
筋肉づくり運動として、通常の筋トレはもちろん、スロトレでも大腰筋を強く、ひきしめることができます。
 
大腰筋を使って、正しい姿勢を保つことを意識することは、大切なことです。
 
しかし、本質的で、根本的なことに目を向けると、やはり大腰筋そのものを鍛える筋肉づくりの運動が必要になります。
 
幸いなことに、
大腰筋の運動はスロトレと同じく、いつでも、どこでも、誰でも簡単に行うことができます。
 
<参考文献>
『やせる!くびれる!大腰筋エクササイズ』
(マキノ出版)石井直方著
 
『スロトレ』
<脂肪、燃えまくり。これが最後のダイエット!>
(高橋書店)石井直方・谷本道哉著
2004年7月15日発行
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□