NOTE

体幹周辺の筋群②

OLYMPUS DIGITAL CAMERA第四章:筋トレの実際
4-3、身体各部位のトレーニング
E、体幹周辺の筋群
 
石井先生の下記の書籍に紹介されている、
①腹筋群
②背筋群
③股関節周辺筋群
 
これらの部分による体幹の模式図(体幹部の筋群のモデル)を観ていると、
後方の背骨側に固有背筋群という長い筋肉群があります。
 
この筋肉群は、骨盤と背骨、また背骨同士をつないでいます。
 
上半身の前方には腸腰筋があり、骨盤と背骨につながっています。
 
次に下半身を観ると、
後方には骨盤の下のほうから下腿にかけて、大臀筋やハムストリングがあります。
 
前方には大きな筋肉である大腿直筋があります。
 
ハムストリングスや大腿直筋は、骨盤から膝をまたいで下腿の骨についている2関節筋になっていることが解ります。
 
この模式図全体を通して観ると、
骨盤が重要な位置にあり、動きを考えると、より大切な役割を果たしていることに気づきます。
 
骨盤周りの筋肉群を鍛える運動では、
それらの筋肉を動かせるような骨盤の使いかたが重要になってきます。
 
関節としては、股関節を大きく動かしてよく使うことが大切になります。
 
スクワットを行う場合には、
膝関節を使ってトレーニングを行う方法もありますが、
 
股関節により負荷をかけながら、
大臀筋などの骨盤周りの筋肉群をうまく使うことが重要に思われます。
 
<解説書・参考書>
 
『レジスタンス・トレーニング』
(ブックハウスHD)
東京大学大学院教授 石井直方著
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□