NOTE

体幹周辺の筋群①

334.⑫2013.10.2高西第四章:筋トレの実際
4-3、身体各部位のトレーニング
E、体幹周辺の筋群
 
今まで、上半身の肩関節周りや大胸筋、広背筋のトレーニングについて説明してきました。
 
今日から体幹の中で、下記のような部位のトレーニングの説明になります。
①腹筋群
②背筋群
③股関節周辺筋群
 
これらは歩いたり、走ったり、跳んだりするといった動きに使われ、
スポーツを行う場合だけではなく、健康面で大切な役割を果たしている筋肉群です。
 
まずはそれらを解剖学的な視点で理解することが必要になります。
 
骨盤や腰椎の周辺がどのように動くのか?
 
という課題に対して石井先生は、
下記のご本の中で脊柱、骨盤、股関節、大腿周辺の筋肉について、模式図を用いて説明されています。
 
これらの筋肉群の理解が、スクワットやデッドリフトといった基本種目の正しいフォームの理解につながります。
 
スクワットやデッドリフトは高重量を使いますので、ケガや故障といった傷害になるリスクを抱えています。
 
腰痛予防としてのトレーニングを行い、
安全をしっかりと守り、最も効果を上げるために、
 
それらで使われる筋肉群の構造的なしくみを知ることは大変重要です。
 
<解説書・参考書>
 
『レジスタンス・トレーニング』
(ブックハウスHD)
東京大学大学院教授 石井直方著
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□