NOTE

下腿のトレーニング③

46..バックポーズ
第四章:筋トレの実際
4-3、身体各部位のトレーニング
K、下腿のトレーニング
 
ヒラメ筋は単関節(1関節)筋、腓腹筋は2関節筋であることは、
それらのトレーニング種目に大きく影響を与えます。
 
これらの特徴を理解することで、目的とする筋肉部位に効かせて効果を上げることができます。
 
ヒラメ筋は1関節筋で、
膝関節とは無関係にカーフレイズを行って足首をしっかりと動かし、
 
背屈(アキレス腱を伸ばした状態)から底屈(つま先立ち)すれば鍛えることができます。
 
ところが、腓腹筋は踵と膝関節を跨ぐ2関節筋で、
 
膝を直角に曲げたような状態で座ってカーフレイズを行っても、
効かせることができないという特徴があります。
 
これは腓腹筋が膝を曲げることで緩んでしまい、
力が入らなくなってしまうためです。
 
私のDVD(今年2016年8月25日発売:リアルスタイル)にはふくらはぎのフォームも紹介されています。
 
ご案内はコチラです。
 
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/
 
ご覧いただければ幸いです。
 
<解説書・参考書>
 
『レジスタンス・トレーニング』
(ブックハウスHD)1999年11月30日発行
東京大学大学院教授 石井直方著
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□