NOTE

ラットマシンプルダウン⑥<うごき1>

Ⅱ、広背筋とその周辺の筋肉群のトレーニング
 
13、ラットマシンプルダウン
 
2)うごき 
①バーを引き下す <呼吸:吸う、初級者の速さ:3秒、中上級者:1、2秒>
 
(1)胸を張って、やや上体を後ろへ倒し、バーを胸上部へ引き付ける
 
(側面から見て、ワイヤ・バー・手首・肘がまっすぐになる)
 
バーを引き下げる時には、
上に上げた腕を、横方向を通って、
 
円弧を描くようにして下に下げるという、
 
肩関節の垂直方向内転を利用した運動です。
 
肘を引きながらやや上体を後ろへ倒すことで、
 
バーを胸上部へ引き付けやすくなります。
 
上体を倒し過ぎると広背筋の可動範囲が小さくなりますので、
 
その加減には注意が必要です。
 
上体はアーチを描き、側面から見ると、
 
ワイヤ・バー・手首・肘がまっすぐになっています。
 
こうすることで効果面だけでなく、肘痛を予防することもできます。
 
興味深いことに、
このような動作の前半には、チンニングと同様に、
 
肩の伸展(前方内転)になっています。
 
これはプルオーバーのような動きです。
 
後半には肩の伸展の後方挙上を用いています。
 
こちらはフロアプーリーのようなロウイング系の動きです。
 
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
タトラボではパーソナル指導、
講習会(少人数制)を行なっています。
 
是非、
皆様のご利用をお待ちしています。
 
私のDVDのご案内はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (パーソナルトレーニングジム・タトラボ)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□

938.IMG_6601