NOTE

ユーモアの大切さ

48.フロントポーズ現場の筋トレの指導で、大変満して納得のいく指導ができた時には、笑顔が溢れていたことに気づきます。
 
笑顔や笑い声は周りを明るくし、前向きにするスゴイ力があるように思います。
 
そのような前向きで明るい雰囲気を作るために、ユーモアを交えて話しをすることがあります。
 
ユーモアとは「人の心を和ませるようなおかしみ。上品で、笑いを誘うしゃれ」だそうです。
 
一生懸命に頑張っている選手には自然に応援したくなりますし、励ましの言葉をかけたくなってきます。
 
そして補助に付いたり、全力を出し切った時には褒め称えたりするようにします。
 
その時、ユーモアを添えることで、笑いや笑顔がさらに引き立つことになります。
 
 
ところで、明るくて活気のあるチームには雰囲気を作るのが上手い人がいます。
 
そのような人は、褒め上手で、励まし上手で、乗せ上手であるとも言えそうです。
 
またそのような人は、ユーモアのセンスがありますので、見本になります。
 
ユーモアのセンスを磨くには、豊かな感性が必要に思います。
 
豊かな感性は、いろんなことを経験したり、本を読んだり、人と交わったり、行動を起こしたり、好きなことをして、物事に興味を持つことで手に入れられるように思います。
 
ジョークやギャグ、ダジャレなどもありますが、やはり知性を大切にしたユーモアがその人の品格を引き立てるように思います。
 
私が指導させていただいている、
福岡ソフトバンクホークスの中には、「必死さの中の明るさ」が大好きな方々がいて、ユーモア溢れる人が多数いらっしゃるように思います。
 
ユーモアは、必死になって努力をしながら、開き直って良い結果につなげる夢の懸け橋になっているようにも思えます。
 
ユーモアを出せるような状況では、失敗してもその経験を活かしてチャンスをつかむ機会が多くなるように思います。
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□