NOTE

ベントロウの『うごき』の速さ①

169.サイドバックポーズ①初級者:ゆっくり・同じ速さで・なめらかに(ゆおな)
 
基本のフォームを覚え、刺激をしっかりと目的の筋肉に伝えるために、“上下各3秒”で動かします。
 
ベントロウの場合は、“脊柱起立筋と広背筋”を使います。
 
脊柱起立筋は背筋(せすじ)をまっすぐに保つことで、意識することができます。
 
将来、高重量を使う時に、腰痛にならないように、正しく行うことが重要に思います。
 
その上で、バーベルを、ゆっくりと、同じ速さで、滑らかに動かしながら、広背筋に意識を持っていきます。
 
広背筋はできるだけ、大きく動かすようにします。
特に下す『うごき』での意識が大切になります。
 
お腹に着くまで引き上げて、肩甲骨を寄せ、広背筋をしっかりと収縮してから、
そこで「1秒ぐらい止める」感じで行うと、下す時の意識が、更に高まるように思います。
 
そして、こらえながら、ゆっくりと等速で下して(戻して)いきます。
 
下す『うごき』では、筋肥大のための、ホルモンを活性化する“化学的な刺激”と共に、
筋線維の微細な損傷による、“物理的な刺激”を、より強く、かけることができます。
 
最高の効果を引き出すには、化学的な刺激だけでなく、下しをこらえることによる、より強い、物理的な刺激が必要です。
 
興味を持っていただけましたでしょうか?
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□