NOTE

ベンチプレスの『かまえ』解説②

OLYMPUS DIGITAL CAMERA②足裏全体を床に付ける
 
ベンチ台に寝て、つま先はやや外側に向け、膝の真下にすると、足裏全体をしっかりと固定することができます。
 
初心者は、足裏全体を床に付けた時、体幹を固定して、安定した状態で行うことが重要に思います。
足裏で、地面をしっかりと支えているイメージを作ることができます。
 
中・上級者になると、足裏で床を押すようにして、脚・股関節・骨盤・背骨・胸郭・肩甲骨・肩・腕を通して、力がバーに伝わり、勢いよく上に押し上げることができます。
 
このような、関節や骨盤・肩甲骨周りについている筋肉は、全て重要な働きをしているように思います。
これらの筋肉を最大限に使いきることで、高重量を上げることになるようです。
 
初心者では、お尻の筋肉はそれほど、使われていませんが、
中上級者では、めいっぱい使って押し上げています。
 
「ベンチは背中で上げる」というお話しも伺ったことがあります。
 
更に、高重量を上げるためには、足裏の重心の位置や体の軸のつくり方が影響しているように思います。
 
ロケットのイメージでは、発射台としての足裏があります。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□