NOTE

ベンチプレスの『かまえ』解説①

8.高西マス①つま先はやや外側に向け、膝の真下にする
 
ベンチに寝る前に、足の位置を確認します。脚の構造によって、スクワットと同じように、つま先をやや外側へ向けるのは理解できると思います。そのつま先を膝の真下へ持ってくるようにします。
 
ここが一番力の入るところです。
もしカカトが膝の真下へ来るかそれ以上に出てしまうと、床反力を利用した時に、足が前に滑ってしまう心配があります。
また、つま先を膝の真下より引き過ぎると、一般的な人では腰に負担がかかります。
 
以上が、初心者に薦めている基本的なことになります。
 
中・上級者になると、基本を応用し、より自分の体に合った方法で行うようになります。
足幅は?
つま先の向け方は?
膝の真下につま先を持ってくる位置は?
足裏に力が入るポイントはどこ?
などなど、微調整を行います。
 
筋トレを行っていると、筋肉の付き方や柔軟性が変化してきます。
効果を上げるためには、「自分自身の体を、より良く変えること」も重要になります。
 
太もも周りの筋肉の付き方も足の位置やつま先の方向に影響します。
骨盤周りや股関節の柔軟性も同様です。
 
大きく、強く、柔らかい体は、魅力的です。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□