NOTE

プッシュアップ(腕立て伏せ)㉑応用②

808.IMG_6153Ⅰ、大胸筋とその周辺の筋肉群のトレーニング
 
7、プッシュアップ(腕立て伏せ)
 
応用②
<膝立てプッシュアップ>
 
筋力不足の人にとってもう一つお奨めの方法があります。
 
それは膝を立てて、腰を折って行うプッシュアップです。
 
こちらは揃えた膝から両手までの距離を短くするほどに楽にできます。
 
このフォームの基準としては、
腰が直角で、太ももが垂直になっています。
 
まずこのフォームで行ってみてキツイ場合には、
 
膝と手を近づけて、腰が鋭角になるようにします。
 
また、楽に行える場合には、腰が鈍角になるように調整を行うことができます。
 
“膝つきプッシュアップ”は大胸筋中部と下部、
 
“膝立てプッシュアップ”は大胸筋上部に効かせることができます。
 
いずれの場合でも、「かまえ」の時には真横から見ると、
 
手首・肘・肩のラインは、鉛直方向になっています。
 
この時、
ほんの少し指先方向に重心を傾け、頭が前に出るようにすると、
 
より胸に効かせることができるように思います。
 
経験を積み上げながら、
自分にとってしっくりとくる感覚を養っていくことも大切に思います。
 
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
タトラボではパーソナル指導、
講習会(少人数制)を行なっています。
 
私のDVDのご案内はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (パーソナルトレーニングジム・タトラボ)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□