NOTE

プッシュアップ(腕立て伏せ)⑫<呼吸>

799.IMG_6143Ⅰ、大胸筋とその周辺の筋肉群のトレーニング
 
7、プッシュアップ(腕立て伏せ)
 
2)うごき 
 
☆呼吸
 
基本的な呼吸は、
「吸いながら下ろし、吐きながら押し上げる」ということになります。
 
呼吸を止めて行う方法もありますが、
やはり他の種目と同様に血圧の上昇があります。
 
自分の体重を超えるような重量を使った
ベンチプレスを行う場合ほどの上昇はありませんが、
 
やはり血圧の急激な上昇には気を付ける必要があります。
 
中高年者の場合は呼吸を止めないように、
安全面にも気を付けながら行うことが重要になります。
 
効果面では、
肘を曲げながら、胸を大きく膨らませるように胸呼吸を行って
大きく吸い込みながら下すようにします。
 
胸が床に触れるまで下ろしきったら今度は、
大きく吐きながら押し上げていきます。
 
このような意識を持って行うことで、
大胸筋の可動範囲を最大にすることができます。
 
呼吸を利用して、目的の筋肉をより大きく動かすことで、
 
更なる効果を引き出すことができます。
 
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
 
タトラボではパーソナル指導、
講習会(少人数制)を行なっています。
 
私のDVDのご案内はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (タトラボ:高西トレーニング研究室)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□