NOTE

プッシュアップ(腕立て伏せ)⑪<うごき>

798.IMG_6146Ⅰ、大胸筋とその周辺の筋肉群のトレーニング
 
7、プッシュアップ(腕立て伏せ)
 
2)うごき 
 
②上げる <呼吸:吐く、初級者の速さ:3秒、中上級者:1~2秒>
 
☆胸を張ったままで、押し上げる
 
胸を張ったまま押し上げるというのは、
できるだけ大胸筋を使うようにするためにはとても重要なことです。
 
全身を一直線に保ちながら、どんなに正確な位置に下しても、
 
上げる時に胸の張りが無くなり、上体(体幹)が丸くなると、
肩や腕に効く割合が高くなります。
 
これでは安全面でも肩を痛める心配もあります。
 
上げる時にはもちろん、全身を一直線に保ちながらも、
 
しっかりと胸を張って肩甲骨を寄せたイメージで押し上げるようにします。
 
上下の動きでは真横から見ると、
前腕(手首から肘)が鉛直方向に保たれています。
 
床に付いている手の位置を動かすことはできませんので、
 
下す時には全身がほんの少し前に出て行き、
上げる時にはそれを後ろに戻す、円弧を描くような動きになっています。
 
ベンチプレスでは足を床に、体幹をベンチ台に固定し、全身を動かないようにします。
 
真横からの動きを見ると、
バーべルの軌道はほんの少し円弧を描くようになっています。
 
これは床を押すのかバーベルを押すのかの違いで、
動きの軌道は同じようになっています。
 
とても面白くて、興味深いことだと思います。
 
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
 
タトラボではパーソナル指導、
講習会(少人数制)を行なっています。
 
私のDVDのご案内はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (タトラボ:高西トレーニング研究室)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□