NOTE

フリーウエイトとマシーンの長所と短所②

308.バックプレス二章:筋トレの機能解剖学
2-2、トレーニング動作と筋力発揮
C、フリーウエイトとマシーンの長所と短所
 
フリーウエイトの特徴的な長所は、トレーニング効果が高いことです。
 
バーベルやダンベルといったフリーウエイトを何も支えるものがなく、
 
自分自身で持ち上げたり下したりしなければなりません。
 
実際のスポーツの動きでの力発揮に近い状態で行われます。
 
その上、バーベルだけでいろんな種類のトレーニングを行うことができます。
 
①脚の運動としてのスクワット
②胸の運動としてのベンチプレス
③背中の運動としてのベントロウやデッドリフト
④肩の運動としてのバックプレス
⑤腕の運動としてのカールやフレンチプレス
 
これらの運動は、各筋肉部位の基本的な種目でもあります。
 
また、器具を揃える時の費用もそれほどかかりません。
 
1)パワーラック(ボックス型スクワットラック)、
2)フラットベンチ、
3)バーベル(シャフトとプレート)、
 
これだけでできてしまいます。
 
それに、20㎏シャフトの長さが2mありますので、それを扱えるスペースがあれば十分です。
 
これらが、フリーウエイトの長所となりそうです。
 
明日は、フリーウエイトの短所を説明したいと思います。
 
<解説書・参考書>
『レジスタンス・トレーニング』
(ブックハウスHD)
東京大学大学院教授 石井直方著
 
『筋肉まるわかり大事典』
(ベースボール・マガジン社)
東京大学大学院教授 石井直方著
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□