NOTE

バーベル・スクワットでの手幅と握り

OLYMPUS DIGITAL CAMERAバーベル・スクワットにおいて、まず、スクワット(パワー)ラックにセットされているバーを握り、手幅を決めます。この時は、腕を伸ばして、バーを見て、まだバーの手前に立っています。
 
手幅は肩幅よりこぶし一つ強外側に取っているか?
中心から、左右対称になっているか?
 
目で見て確認します。
各関節のことを考え、人体の構造的な視点では、この幅が、「肩幅の1.6倍」ということになります。
 
中には、肩関節が固い人で、きつく感じる場合には、それよりも広めに取るようにします。あまり、広くすると、担いだ時に、手に力が入りにくく、安定感を無くす場合がありますので、注意が必要です。
 
また、肩関節が柔らかい人でも、基本の手幅より極端に狭く持つことは、避けた方が良いと思います。バーを担いで構えて、実際に動作を行う時に、手首や肘関節への負担が大きくなるためです。
 
科学的に、このような意味を理解していれば、パワーリフティング競技などにおいて、手幅を狭くしている選手を見た時に、疑問が湧き、その意味を考え、あえて、手首や肘に負担をかけても、「高重量を上げるために行っている」ということが解ってくるようになります。
 
このような時でも、行っている人自身が、それらの関節への負担を意識していれば、普段でも、過度のトレーニングに注意することになり、ケガや故障を未然に防ぐことができます。
 
野球やテニスなどの、特に、肘や肩をよく使うスポーツにおいては、競技そのもので、手首、肘、肩の各関節に負担がかかっています。
 
ましてや、これらの関節に、スクワットの握りで、過度の負担を、あえてかけることは避けた方が賢明に思います。
 
スクワットの手幅に興味を持つことで、最適な手幅を探すことの中にも、おもしろさや楽しさがあることに気づきます。
 
ところで、スクワット(パワー)ラックにセットされているバーを握る時は、
強めに握るか?
弱めに握るか?
手の平に意識をするか?
指先に意識をするか?
指をしっかりと閉じて握るか?
指をやや開いて楽に握るか?
 
そのようなことを、考えてみることも、とてもおもしろいことではないかと思います。
 
自分にとって、最適な握り方が見つかった時には、楽しさが溢れるように思います。
見つけるように、努力を重ねるプロセスにも、いろいろな楽しさがあります。
 
<参考文献>
『トレーニング・メソッド』(ベースボールマガジン社)石井直方著
『トレーニングのホントをしりたい!』(ベースボール・マガジン社)谷本道哉著
『筋肉のしくみ・はたらき事典』(西東社)左明・山口典孝 共書 監修 石井直方
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□