NOTE

ベントオーバーロウ⑨<うごき1>

820.IMG_5533Ⅱ、広背筋とその周辺の筋肉群のトレーニング
 
8、ベントオーバーロウ
 
<うごき>
 
①引き上げる
 
(1)背筋(せすじ)をまっすぐのまま、
脛(すね)・太ももに沿ってバーを引き上げる(肘を後ろへ引くイメージ)
 
基本的な『かまえ』の手順は、
 
①足幅は肩幅より、やや狭めにする
②つま先をほんの少しだけ外側にする
③足裏全体でバランスを取る
④腰を折り、背筋(せすじ)はまっすぐにして、膝を軽く曲げる
⑤順手で、肩幅よりやや広めに持ったバーを浮かし、脛(すね)に付ける
⑥頭を起こして、前を見る
 
となり、伸ばした肘を曲げながら、バーを引き上げます。
 
まっすぐに保たれた背筋(せすじ)の傾斜は
水平か、もしくは頭のほうを少しだけ、上にします。
 
動作中、
バー・手首・肘のラインは一直線で、“垂直”になっています。
 
課題としては、
膝の曲げ具合をどうするか?だと思われます。
 
基本的には、
水平にした“背中”と“床”までの距離を、できるだけ大きく取ります。
 
但し、柔軟性や身体的な特徴によって、
10cmほどの幅があるように思います。
 
広背筋の大きな動きを意識しながら、膝の曲げ具合を調整します。
 
呼吸は吸いながら、速さは2~3秒かけて、引き上げます。
 
興味を持っていただけましたでしょうか?
 
初級者用の動きには、
「脳のシナプス(神経細胞同士の接点)をつなぎ、
将来、無意識でも筋肥大ができるようにする」
 
という大切な目的もあるように思います。
 
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
タトラボではパーソナル指導、
講習会(少人数制)を行なっています。
 
私のDVDのご案内はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (パーソナルトレーニングジム・タトラボ)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□