NOTE

ベントオーバーロウ⑤<かまえ3>

823.IMG_5532Ⅱ、広背筋とその周辺の筋肉群のトレーニング
 
8、ベントオーバーロウ
 
<かまえ>
 
③足裏全体でバランスを取る
 
ベントロウはスクワットと同じように、足裏の土踏まずに重心があります。
 
初心者の場合には、
つま先側へ重心があり、カカトが床に付いていますが、
 
触れているだけになっている人を見かけることがあります。
 
このような状態で、『うごき』に入ると、
バランスを保つことに気を取られて、上手く引き上げることができず、
 
背筋に効かせるという大切なことが疎かになるように思います。
 
まずは、
「足裏全体をしっかりと床に付けて、
地に根が生えているようなイメージで、バランスを取る」ようにします。
 
重心を面として考えています。
 
こうすることで、
脊柱起立筋をまっすぐに保ち、広背筋を動かすことに集中できます。
 
中・上級者になると、
感覚として、足裏の前後左右(面の中の線)のある一点に、
 
重心を取る場合があります。
 
これは、より背筋の筋量を増やし、
筋力を上げながらも、スポーツの動きも意識しています。
 
スポーツに必要な爆発的な力発揮による、バリスティックトレーニングは、
 
“ロケットの発射”(点)と“発破”(面)のような、
 
2つのイメージがあると思われます。
 
ロケットの発射は、
野球のバッティングやピッチングのイメージにつながります。
 
また、ダイナマイトの爆発(発破)は、
相撲の立ち合いやラグビーのスクラムのイメージにつながります。
 
いずれの場合も、
足裏全体でバランスを取った上でのことになります。
 
大変、興味深く、面白く感じます。
 
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
タトラボではパーソナル指導、
講習会(少人数制)を行なっています。
 
私のDVDのご案内はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (パーソナルトレーニングジム・タトラボ)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□