NOTE

バナナドリンクとパフォーマンス

OLYMPUS DIGITAL CAMERA宮崎で行われているフェニックス・リーグが一昨日(10/26)で最終日となりました。
 
私が指導させていただいている福岡ソフトバンクホークスのある若手選手と、昼食を取りながらお話しをさせていただきました。
 
「高西先生、バナナのドリンクが効いています。体が良い感じです」
 
その選手には以前、バナナドリンクを取る大切さについてお話しをしたことがあります。
 
そのドリンクは、ホークス担当のコックさんが毎回作って、いつでも取れるようにしてあります。
 
私も、飲ませていただいましたが、大変コクがあっていかにも体に良さそうに思いました。
 
そこで、担当のコックさんにお聴きしたところ、
 
バナナに加えて、白桃・黄桃、ハチミツ、牛乳、マンゴーやパパイヤなどのトロピカルフルーツ、をミックスして、それに少々カルピスを隠し味に使ったドリンクだそうです。
 
ミキサーを使って混ぜ合わせ、吸収しやすい状態になっています。
 
ここでは、詳しい配合は説明できませんが、とても美味しいドリンクでした。
 
栄養面では、エネルギー源として速やかな糖質の補給ができること、ビタミンやミネラル、特にカリウムとカルシウムも同時に補給できることなどが挙げられます。
 
細胞膜の内側にあるカリウムは外側のナトリウムとのバランスで、細胞膜の適度な張りを保ち、
 
細胞内での核、ミトコンドリア、ゴルジ体、小胞体、リボゾーム、リソソームなどの活動を促進し、
 
筋肉の動きに影響を与えますので、私の場合はその摂取量については、大変気を使っています。
 
カリウムは、筋トレを行って筋肉が大きくて強い人にとって、しなやかでキレのある、爆発的な動きに関係してきます。
 
また、カルシウムも骨づくりだけでなく、脳の中で神経細胞や神経回路を活性化する大切なイオンとして使われますので、十分満たされていることが大切になります。
 
上記の選手は、筋トレを熱心に行って、筋量・筋力の高いレベルを持っておられます。
 
つまり、このスペシャルドリンクの効果を出しやすい体ということになります。
 
マクロ的にも、筋トレを行うと栄養の吸収と溜め込みを増強・増量することができます。
 
筋肉が弱くて、量が少ない人は、食事(栄養)の恩恵をそれほど受けることができませんし、直ぐにガス欠になる心配があります。
 
バナナドリンクを通して、スポーツパフォーマンスの向上につながるお話しができました。
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□