NOTE

ドローインについて

67.石井先生② - コピー2009年9月15日、『スロトレ』<完成版>
(高橋書店)石井直方・谷本道哉著
 
の書籍の中に、“ドローイン”が紹介されています。
 
ドローインは、お腹凹みのカギをにぎる「腹横筋(ふくおうきん)」というお腹の深部にある筋肉を使った運動です。
 
ドローインがなぜ、お腹を凹めるか?
その理由を、
 
①自前のコルセットが機能してウエストをサイズダウンさせる
②姿勢改善によって、お腹の脂肪が落ちやすくなる
 
これらの2つを挙げています。これらを具体的に説明すると、
 
①では、腹横筋が「お腹をぐるりと取り巻いてコルセットの役割をする」ということで、ウエストが細くなります。但し、これは皮下脂肪や内臓脂肪が減ったのではなく、コルセットの役割を果す腹横筋がお腹を締め付けて、内臓や脂肪を移動しただけだそうです。
 
②では、良い姿勢を維持することで代謝が上がり、脂肪が付きにくいカラダになります。その良い姿勢を保つために、背骨の適正なアーチを支えるための筋肉が必要です。それらの筋肉には背筋と腹筋があります。そして、ウエストを内側から締めて、腹圧を高めている腹横筋です。
 
体力が低下した人でも、誰でも手軽に行えるお腹をひきしめる最高の方法は、
1)スロトレ
2)大腰筋を使う
3)腹横筋を使う
 
これらを上手く組み合わせることで、スロトレでアウターマッスル(腹筋群・背筋群)の大きな筋肉を使い、大腰筋エクササイズやドローインでインナーマッスル(大腰筋・腹横筋)を鍛えるということになります。
 
つまり、「外側と内側のダブル攻撃でひきしめる」ということだそうです。
 
写真:
石井直方教授の究極のドローイン
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□