NOTE

トレーニング種目

OLYMPUS DIGITAL CAMERA筋トレを行う場合、まず種目選びがあります。
体の中の筋肉は400種類を超えています。それに従えば、筋トレの種目は、限りがないほどに、いっぱいあります。
 
私の場合は『最短・最高の効果』という、最重要課題を頭に入れて、
①最も大きな見返りがある
②簡単にできる
③短時間・短期間に、効果が出る
 
この3つが、基準となっています。
 
『最短・最高の効果』を上げる、“成功のカギ”、その答えは、『フォーム』になります。
 
フォームに関しては、①安全第一、 ②最高の効果、この2点を、徹底しています。安全と効果は、生理学、解剖学、力学という科学に、しっかりと支えられたものです。
 
<バーベル使用の場合>私の選んだ、基本種目は
脚:スクワット
胸:ベンチプレス
背:ベントロウ(デッドリフト)
肩:バックプレス
腕:バーベルカール、ライイングフレンチプレス
腹:シットアップ、レッグレイズ
下背:ハイパーバックエクステンション
 
ということになります。これらの種目には、徹底して、『科学』にこだわり、徹底して、“技”を磨き、徹底して、“心”と向き合いました。そして、徹底して“体”を鍛えてきました。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□