NOTE

トレーニング科学と経験

18.石井先生と筋トレの実践者の中には、トレーニング科学を勉強することなく、トレーニングの経験を積み上げることで、効果を上げている人もいらっしゃるかもしれません。
 
スクワットやベンチプレスで高重量を扱う場合、どんなにトレーニング科学を学んでも実践することなしには役に立てることができません。
 
それよりも、経験豊かで現実的に高重量を扱える人に、そのノウハウを教えていただくことがベストだと思います。
 
このような方法論の中には、興味深くておもしろいことがたくさんあります。
 
私の師匠であるトレーニングセンター・サンプレイの宮畑豊会長には、筋肉をより太く、大きく、強くする方法を教えていただきました。
 
私が宮畑会長に教えていただいた、経験で磨き上げたトレーニングフォームは本当に素晴らしいと思います。
 
そのフォームの呼吸法や動きの速さをコントロールすることで、筋肥大・筋力増強を成し遂げることができました。
 
その技術を習得するプロセスには筋トレの楽しさが溢れていました。
 
また、そのプロセスには技術習得に勝るとも劣らないくらい大切だったことがあります。
 
それは、「心を鍛える」ということです。
 
これは、トレーニングの経験を積み上げることで初めて手に入れることができるように思います。
 
自らを極限の状態に追い込むことで「開き直り」の一つの極致を学ぶことができたように思います。
 
同時に、老若男女が通われていたサンプレイでのふれあいの素晴らしさを学びました。
 
そのような中で、東京大学の石井直方教授のトレーニングパートナーを務めさせていただいたことが、私の指導者としての方向性を決定したように思います。
 
宮畑会長と同じく石井先生には、当然方法論としての実技や悟りを開いたような極限の心理状態も学びました。
 
そして石井先生に学んだ決定的なことは、石井先生の言葉を通してのトレーニング科学です。
 
石井先生に学んだトレーニング科学は、
私がボディビルダー出身で、ちょっと異質な指導者(自分自身そう思っています)となり、福岡ソフトバンクホークスやマルヤジムでの指導スタイルの根源をなすものです。
 
石井先生からトレーニング科学を学んでいる時は、時間が止まることを心から願っていました。
 
私にとってはそれほど楽しいひと時でした。
 
これから、そのトレーニング科学を私の理解を交えて紹介していきたいと思います。
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
写真:石井先生と私
トレーニングセンター・サンプレイにて
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□