NOTE

トレーニング中の血圧④

OLYMPUS DIGITAL CAMERA第五章:筋トレと健康
5-4、筋トレと成人病(生活習慣病)
E、トレーニング中の血圧
 
私は現在61歳となり、40年ほど継続して筋トレを行っています。
 
今でも10RM(10回限界)でのトレーニングを楽しんでいますが、
 
怒責(息を止める)が血圧を急激に上昇させることが理解できていますので、
 
十分に注意しながら行うようにしています。
 
また、初心者にはそのことをしっかりと伝えて、
動作中には呼吸をしながら止めて行うことがないように指導しています。
 
これは男女を問わず、
子供の指導から一般成人、それに高齢者まで、
 
筋トレを行うすべての人に知っておいてもらいたい重要な知識といえます。
 
筋トレの実践においては、長年続けている人にとって無意識に怒責を行っているように思います。
 
筋トレの効果は安全をしっかりと守るという前提のもとにあります。
 
私のDVDのご案内はコチラです。
 
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
12月10、17、24日の各土曜日、
タトラボでは、私の講習会を企画いたしました。
 
ご利用いただければ幸いです。
 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (タトラボ:高西トレーニング研究室)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□