NOTE

テコによる力と速度の変化①

285.プリーチャーカール第二章:筋トレの機能解剖学
2-1、運動と各関節の働き
B、テコによる力と速度の変化
 
筋肉は真っすぐに伸び縮みしながら動き、関節を曲げ伸ばしすることで、円運動に変えられます。
 
円運動というのはテコの原理で、支点、力点、作用点があるということになります。
 
これはトレーニング効果と結びつき、故障しないようにするための大切な知識となります。
 
関節には首・肩・肘・股・膝・手首・足首などがあります。
 
これらの構造を知ることはケガや故障を予防することにつながります。
 
また、どこを支点として錘(おもり)を作用させると目的の筋肉に効かせることができるかが決まります。
 
筋肉は実際手に持っているダンベルよりも遥かに強い力を出していることになります。
 
それだけ筋肉が跨いでいる関節にも、より大きな負担がかかっていることになります。
 
「筋トレが如何に正確なフォームで行うことが大切か」
 
ということが解ります。
 
<解説書・参考書>
『レジスタンス・トレーニング』
(ブックハウスHD)
東京大学大学院教授石井直方著
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
□—————————-□