NOTE

チンニング(懸垂)④<かまえ1>

Ⅱ、広背筋とその周辺の筋肉群のトレーニング
 
12.チンニング(懸垂)
 
1)かまえ
 
①チンニングバーを肩幅より手のひら一つ分広く握る
 
これは広背筋の構造を考えると、
 
バーの手幅は
「肩幅より手のひら一つ分広く握る」ということになります。
 
広背筋は肩
関節の垂直方向の内転(横に上げた腕を下に下す)と
 
その逆の外転によって動きます。
 
同時に肩甲骨を回旋(回すこと)する動きを伴います。
 
これらの動きで、
広背筋の可動範囲をできるだけ大きくするということでの手幅が、
 
上記のようになります。
 
これより広過ぎたり、狭過ぎたりすると、
トレーニングの効果に影響が出てきますので、
 
まずは基本的な手幅を覚えることが大切になります。
 
そうすることで、安全面での対応もできます。
 
チンニングで使われる各関節(手首・肘・肩)にとっても、
 
一つの関節に無理をかけることなく、
安心して行うことができる手幅ということになります。
 
バーの握り方の基本は、
サムアラウンド(親指返して包み込む)グリップにします。
 
写真ではストラップを使い、
サムレス(親指を人差し指方向)グリップになっていますので、
 
ご注意ください。
 
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
タトラボではパーソナル指導、
講習会(少人数制)を行なっています。
 
是非、
皆様のご利用をお待ちしています。
 
私のDVDのご案内はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (パーソナルトレーニングジム・タトラボ)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□

913.IMG_6578