NOTE

ダンベル・ワンハンドロウ㉚<究極のフォームの注意点>

885.IMG_6296Ⅱ、広背筋とその周辺の筋肉群のトレーニング
 
10、ダンベル・ワンハンドロウ
 
☆究極のフォーム
 
『注意点』
 
『かまえ』での注意点
 
1)上体を立て過ぎない
2)猫背にならない
 
『うごき』で注意点
 
1)上体をねじらない
2)体幹の力を抜かない
 
これらのダンベル・ワンハンドロウの基本となる注意点は、
 
究極のフォームにおいても同じことが言えると思います。
 
究極のフォームにおいては、
最も高重量を使って行うことができますので、
 
バーベルやダンベルでのベントオーバーロウや
基本となるダンベル・ワンハンドロウを、
 
正確なフォームを意識して、
無意識にできるようになるくらいにしっかりとやり込むことで、
 
ケガや故障を予防することができます。
 
最高の効果を求めるあまり、
くれぐれも安全第一を疎かにすることがないように、
 
十分過ぎるくらいの注意を払って行うことをお奨めします。
 
「トレーニングの効果はフォームで決まる」
 
と言っても過言ではありません。
 
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
タトラボではパーソナル指導、
講習会(少人数制)を行なっています。
 
私のDVDのご案内はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (パーソナルトレーニングジム・タトラボ)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□