NOTE

ダンベル・ワンハンドロウ㉔<究極のフォームのかまえ>

883.IMG_6299Ⅱ、広背筋とその周辺の筋肉群のトレーニング
 
10、ダンベル・ワンハンドロウ
 
☆究極のフォーム
 
ここでは、右手にダンベルを持って行う場合を説明します。
 
『かまえ』
 
①ベンチ台に向かって横向きに立つ
 
(左足のつま先をベンチ台の端の下辺りにし、
 
右足を引いて、肩幅ほどの足幅で立ち、
 
その中間の床にダンベルを置く)
 
②左足のつま先は、ベンチ台に向かって直角にし、
右足のつま先は30度ほど開き、
 
両足の足裏全体しっかりと床に付ける
 
③おじぎをするようにして両膝を曲げ、
左手はベンチ台に軽く付き、右手は肘を伸ばしてダンベルを握る。
 
④ダンベルを床から少し浮かし、肩の真下に持ってくる
 
(ダンベルのグリップ・手首・肘・肩は一直線で鉛直方向)
 
⑤上体を水平にして、背筋はまっすぐにする
 
⑥頭を起こして、前を見る
 
私の場合には、以上のことを基本としています。
 
経験を積み上げながら、
自分にとってより安全に、より効果的な方法を追究し続けることが必要に思います。
 
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
タトラボではパーソナル指導、
講習会(少人数制)を行なっています。
 
私のDVDのご案内はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (パーソナルトレーニングジム・タトラボ)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□