NOTE

ダンベル・ワンハンドロウ②

861.IMG_6271Ⅱ、広背筋とその周辺の筋肉群のトレーニング
 
10、ダンベル・ワンハンドロウ
 
ダンベル・ワンハンドロウのターゲットは背中の広背筋の運動です。
 
バーベルやダンベルを使ったベントオーバーロウとの関係は、
 
スクワットとレッグプレスとの関係と同じように思います。
 
下半身を上手く使いながら行って、
上半身の広背筋と連動させ、
 
スポーツや生活での動きとつなげることを考えると、
 
ベントオーバーロウのような主となる種目としてではなく、
 
副種目として行うことが必要に思います。
 
またそうすることで、容易に追い込むこともできます。
 
スクワットで追い込んだ後に、
更により確実にレッグプレスで追い込むというトレーニング法は、
 
単独で行うスクワットより、
短期間で効率よくスクワットそのものの効果を
 
引き出すことができるという、おまけまでついてきます。
 
それはスクワットの記録を伸ばすことであり、
 
太ももやお尻といった下半身の筋肉を太く大きくすることでもあります。
 
同じように広背筋の筋肥大筋力増強を考えた場合、
 
ベントローバーロウで追い込んだ後に、
更にダンベル・ワンハンドロウで追い込むことで、
 
広背筋への意識が高まり、更なる効果を引き出すことができます。
 
このような理解の基に、
実践する人自身の目的に合わせて取り入れることをお薦めします。
 
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
タトラボではパーソナル指導、
講習会(少人数制)を行なっています。
 
私のDVDのご案内はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (パーソナルトレーニングジム・タトラボ)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□