NOTE

ダンベル・アップライトロウ⑬<うごきの呼吸2>

Ⅲ、三角筋とその周辺の筋肉群のトレーニング
 
19、ダンベル・アップライトロウ
 
2)うごき 
 
<中上級者用の呼吸>
 
「引き上げる時に“吸う”下す時に“吐く”」
 
という呼吸をしながら、
正確な動きが身に付いてくるようになると、
 
筋トレの基本的な呼吸としての
「引き上げる時に“吐く”下す時に“吸う”」
 
というようにすることで、
よりスムーズな力発揮ができるようになります。
 
こうして、重量に挑戦して行きながらも、
目的の筋肉である僧帽筋に効かせて、
 
更に効果を引き上げることができます。
 
最初から、
このような方法で行っても良いと思いますが、
 
体幹の力が抜け、息を吐くことで、
くれぐれも胸が丸くならないようにすることが大切です。
 
更に高重量に挑戦していくようになると、
「かまえ」では、大きく息を吸い込んで止めます。
 
それから、
ダンベルをしっかりと握った手の指を太ももに付け、
 
反動を使って跳ね上げるようにして、
爆発的に引き上げるようにします。
 
そして上げたところで素早く吐き、
下ろす時に吸いながらスタートの位置に下して行きます。
 
それを連続した動きで行います。
 
また、スクワットやベンチプレスで高重量を使う時と同じように、
呼吸を吸い込んで止めたままで行う方法もあります。
 
この時には「かまえ」で呼吸をするようになります。
 
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
タトラボではパーソナル指導、
講習会(少人数制)を行なっています。
 
是非、
皆様のご利用をお待ちしています。
 
私の
『こどもの筋トレ』DVDのご案内(2017.11.21発売開始)はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/311/1/

 
前回のDVDのご案内、
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (パーソナルトレーニングジム・タトラボ)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□
1061.IMG_6961