NOTE

ダンベル・アップライトロウ③<かまえ①②③>

Ⅲ、三角筋とその周辺の筋肉群のトレーニング
 
19、ダンベル・アップライトロウ
 
1)かまえ 
 
①足幅は肩幅にする
②つま先は少し外側にする
③足裏全体でバランスを取る
 
バーベルを使ったアップライトロウと同じ要領になります。
 
また、スタンディングプレスやカール、サイドレイズなども同様です。
 
より安定した状態で立ち、安全を守ることが大切です。
 
その上で力を出しやすいように、より効果的な動きができるようにします。
 
私の場合には、
スクワットの時よりは狭くなり、「つま先で肩幅」辺りがしっくりときます。
 
高重量に挑戦するような場合、
「かかとで肩幅」より広くなると、
 
バランスを保ちながら伸び伸びとした動きができなくなる場合があります。
 
「つま先は少し外側にする」というのは、
 
左右のつま先が平行になった真正面を0度とすると、
10~15度外側になります。
 
重心を安定させるためには、足裏全体でバランスを取るようにします。
 
そうすることで、自然で伸びやかな動きができます。
 
足裏の重心は土踏まずの中央部にあります。
 
重量に挑戦するようになると微調整をしながら、
自分にとってより良い方法で行うように応用することをお勧めします。
 
しっかりと安全を守り、
効果を上げるためにはこのような使い方も重要になります。
 
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
タトラボではパーソナル指導、
講習会(少人数制)を行なっています。
 
是非、
皆様のご利用をお待ちしています。
 
私の
『こどもの筋トレ』DVDのご案内(2017.11.21発売開始)はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/311/1/

 
前回のDVDのご案内、
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (パーソナルトレーニングジム・タトラボ)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□
1058.IMG_6960