NOTE

ダンベルプレス㉕

639-img_4244Ⅰ、大胸筋とその周辺の筋肉群のトレーニング
2、ダンベルプレス
 
基本と応用
 
今まで説明してきたのは、基本的な方法です。
 
上手くできる人は、基本のフォームがやり易い体型をしているように思います。
 
また、体の柔軟性があって、余裕を持ってできることも上げられます。
 
中には、過去にケガや故障をしたり、
体型や体の柔軟性に何らかの問題があったりして、
 
基本フォームを応用する必要がある人もいます。
 
今まで、ダンベルプレスを
下記のような枠組み(フレームワーク)を用いて説明してきました。
 
①かまえ、
②うごき、
③ポイント、
④注意点
 
これらを自分の身体の特性に合わせて、
応用することをお勧めしたいと思います。
 
もちろん、
基本フォームがしっくりとくる場合はそのままで結構です。
 
基本を応用することで、
しっかりと安全を守りながら、
 
より良い効果を引き出すことができるように思います。
 
とは言え、
初心者や経験が浅い人は専門の指導者について、
 
フォームを観てもらうことも必要になると思います。
 
トレーニング科学に基づいて、
正しい基本的なフォームを理解して、
 
その上で、応用できる知識を身に着けるようにします。
 
応用力を身に付けた人には、
将来楽しみな限りない可能性があるように思います。
 
 
タトラボ
http://tatlab.jp/
 
では、新年1月も、
私の講習会を企画いたしました。
 
お気軽にご参加いただければ幸いです。
 
私のDVDのご案内はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
<参考文献>
『レジスタンス・トレーニング』
(ブックハウスHD:1999年11月30日発行)
東京大学大学院教授 石井直方著
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
Making body is making our happy life
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (タトラボ:高西トレーニング研究室)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□