NOTE

ダンベルプレス⑨

img_5452Ⅰ、大胸筋とその周辺の筋肉群のトレーニング
2、ダンベルプレス
 
1)かまえ 
①つま先はやや外側へ向け、膝の真下にする
 
まず、ベンチに寝る前に足の位置を確認します。
 
足幅は、股関節や骨盤、それに体幹などの、
体の柔軟性によって変わってきますので、
 
肩幅ぐらいを基準として、行いやすい位置に調整します。
 
膝と足首の構造によって、つま先をやや外側へ向けます。
 
そのつま先は膝の真下に持ってきます。
 
ここが一番力の入るところです。
 
もし、かかとが膝の真下へ来るかそれ以上に出てしまうと、
足が前に滑ってしまう心配があります。
 
また、つま先を膝の真下より引き過ぎると、
股関節や体幹が柔らかい人はそれほど気にする必要がないと思いますが、
 
一般的な人では力が入りにくくなります。
 
 
タトラボでは、新年1月も、
私の講習会を企画いたしました。
 
お気軽にご参加いただければ幸いです。
 
私のDVDのご案内はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
<参考文献>
『レジスタンス・トレーニング』
(ブックハウスHD:1999年11月30日発行)
東京大学大学院教授 石井直方著
 
『筋肉の使い方・鍛え方』
(ナツメ社)
荒川裕志著 石井直方監修
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
Making body is making our happy life
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (タトラボ:高西トレーニング研究室)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□