NOTE

ダンベルプレス⑦

678-%e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%99%e3%83%ab%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%81%ae%e3%81%8b%e3%81%be%e3%81%88Ⅰ、大胸筋とその周辺の筋肉群のトレーニング
2、ダンベルプレス
 
<ダンベルの“かまえ”までのセッティング>
④ダンベルが胸の横にあるのを確認して押し上げ、肘を伸ばし『かまえ』の姿勢をとる
 
ベンチ台に寝る時に、勢いがつき過ぎて、
ダンベルが肩の方へ行ってしまい肩を痛めることがあります。
 
慎重にダンベルを胸の横に持って行ったあとは、
丁寧にダンベルプレスを行うような感じで押し上げて行きます。
 
この時にはダンベルの真下に肘を持って行って、
 
肩や肘の関節に無理がかかっていないか十分に注意しながら押し上げます。
 
肘を伸ばして『かまえ』の姿勢を取った時には、
ダンベルが肩から頭の方へ流れ過ぎないように注意して、
 
しっかりと胸を張って、
肩甲骨でダンベルを支えるイメージが安全面からも良さそうです。
 
 
タトラボでは、新年1月も、
私の講習会を企画いたしました。
 
お気軽にご参加いただければ幸いです。
 
私のDVDのご案内はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
<参考文献>
『レジスタンス・トレーニング』
(ブックハウスHD:1999年11月30日発行)
東京大学大学院教授 石井直方著
 
『筋肉の使い方・鍛え方』
(ナツメ社)
荒川裕志著 石井直方監修
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
Making body is making our happy life
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (タトラボ:高西トレーニング研究室)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□