NOTE

ダンベルプレス⑥

677-%e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%99%e3%83%ab%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%b9%e5%af%9d%e3%81%a6%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88Ⅰ、大胸筋とその周辺の筋肉群のトレーニング
2、ダンベルプレス
 
<ダンベルの“かまえ”までのセッティング>
③ゆっくりと台に寝ながら胸の横にダンベルを持っていく
 
太もも前面の付け根のほうに、ダンベルと立てて置いた状態から、
 
背中を丸めるようにして寝ていきます
 
寝ながらすぐ続くようにして、ダンベルを胸の横に運びます。
 
寝てしまってから、太ももにのせてあるダンベルを胸まで持ってくることは困難です。
 
遅れないように、くれぐれも安全に行うことが重要です。
 
この時の目線は、前を見るようにしてバランスを取ります。
 
時々横を向いてベンチ台を見ながら寝ている人を見かけることがあります。
 
そうすると、ベンチ台の真ん中に寝ることが難しいようです。
 
余裕のある軽めの重量を使って、
もしくは何も持たないで、動きを練習することも良いと思います。
 
 
タトラボでは、新年1月も、
私の講習会を企画いたしました。
 
お気軽にご参加いただければ幸いです。
 
私のDVDのご案内はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
<参考文献>
『レジスタンス・トレーニング』
(ブックハウスHD:1999年11月30日発行)
東京大学大学院教授 石井直方著
 
『筋肉の使い方・鍛え方』
(ナツメ社)
荒川裕志著 石井直方監修
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
Making body is making our happy life
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (タトラボ:高西トレーニング研究室)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□