NOTE

ダンベルプルオーバー②

763.IMG_5510Ⅰ、大胸筋とその周辺の筋肉群のトレーニング
 
6、ダンベルプルオーバー
 
この種目で行う肩の(垂直方向)内転は、
 
横に上げた腕を下げ、
脇を閉めて下した腕を体の前の内側まで振る動きです。
 
この動きで使われる筋肉の割合は、
 
『筋肉の使い方・鍛え方』
(ナツメ社)
荒川裕志著、石井直方監修の書籍によると、
 
以下のような順番になっています。
 
①広背筋
②上腕三頭筋(長頭)
③大円筋
④大胸筋(下部)
 
このことは、
広背筋の運動として用いることが基本となることを意味しています。
 
大胸筋の運動として行う場合には、最後の仕上げとして行うか、
 
又は、ベンチプレスやダンベルプレスなどの、
その他の種目でしっかりと効かせて、
 
充分に大胸筋がパンプアップ(張っている状態)している時に行うのが効果的です。
 
<参考文献>
『レジスタンス・トレーニング』
(ブックハウスHD:1999年11月30日発行)
東京大学大学院教授 石井直方著
 
『筋肉の使い方・鍛え方』
(ナツメ社)
荒川裕志著、石井直方監修
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
Making body is making our happy life
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
 
タトラボでは、
どなたでも参加いただける私の講習会(少人数制)を行なっています。
 
私のDVDのご案内はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (タトラボ:高西トレーニング研究室)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□