NOTE

スタンディング・フロントプレス③<かまえ①②>

Ⅲ、三角筋とその周辺の筋肉群のトレーニング
 
15、スタンディング・フロントプレス
 
1)かまえ 
①手幅は肩幅より拳一つ分外側にする
②バーは首の付け根の鎖骨部でしっかりと支える
(三角筋前部と胸の上部で支え、肘の位置は体の側面よりやや前)
③足幅は、踵で肩幅にする
④足裏全体でバランスを取る
⑤つま先は少し外側にする
⑥前を見る
 
スタンディング・バックプレスの『かまえ』では、
 
「手幅は肩幅より手のひら一つ分外側(1.5倍)にする」
 
ということでした。
 
フロントで行う場合には、
肘への負担をできるだけ少なくするようにして、
 
「手幅は肩幅より拳一つ分外側にする」
 
ということになり、
これによってバランスも取りやすくなります。
 
また、バックプレスでは、
「バーは僧帽筋が一番分厚いところで担ぐ」
 
ということでしたが、フロントの場合には、
肘の位置が体の側面よりやや前に出ています。
 
その状態で、
三角筋の前部と胸の上部でしっかりと支えるようにします。
 
それを、
「バーは首の付け根の鎖骨部でしっかりと支える」というようにしました。
 
これは実際に、
バーが鎖骨に当たると痛みが出てきますので、
 
三角筋の前部と胸の上部の筋肉で支えるようにします。
 
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
タトラボではパーソナル指導、
講習会(少人数制)を行なっています。
 
是非、
皆様のご利用をお待ちしています。
 
私のDVDのご案内はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (パーソナルトレーニングジム・タトラボ)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□
983.IMG_6910